HOME

  ちょっちは誕生日のプレゼント

2010/02/10/

2010年の2月、私の誕生日に娘がくれたシルバー文鳥
一人暮らしになった私がさみしくないようにという想いから、
贈ってくれたのだと思います。
猫が一番好きなんだけど、あいにくペット禁止のマンションのため、
鳥の中では一番好きで飼ったことのある文鳥にしてくれたのかな。

ようやく人(娘)の世話をしなくてもよい状態になったのに、
えっ、また世話? 
それに、文鳥に話しかける自分を想像すると
なんだかなぁ・・・・w

最初の名前は「にゃーにゃ」。
猫を飼いたかったので、テキトーにつけちゃいました^^;

とはいえ、やっぱりかわいいものはかわいい。
好きなものは好き。
あれこれ世話をし、放鳥をして相手をする毎日でした。
水浴びが大好きで、キッチンで水音が聞こえると、
即、飛んできて、水浴びをおねだり。

少し淡い感じのシルバーの羽色はとても美しく艶やかで、
訪ねてきた友人が「うわ~、こんなきれいな鳥初めてみた」
と言ってくれたくらいでした。
(お世辞半分でも親バカでうれしい^^)

cyocchi_2.jpg
テキトーな名前を付けたのにもかかわらず懐いてくれ、
鋭いくちばしでツンツンと私を突く(半端なく痛いわ!)。
好きな場所は私の肩に乗って、髪の毛の中に埋もれること。
そして、そのうち「きゅーん、きゅーん」と不思議な声で
甘えてくれるようになりました。
その声のかわいいことといったらありません!

少し大きくなると得意の歌とダンスで、
私の手を相手にアピール。
私がクッションの上でトントンと手を動かすと、
小首をかしげ手の動きをちゃんと見ながら、
求愛の歌を歌いダンスを踊ってくれます。

[広告] VPS


---この日の日記は思い出しながら書いて、過去の日付に投稿しています---

スポンサーサイト

いつも
ありがとう
ございます♪

web拍手 by FC2
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
FC2ランキング

 

 

comment:0 ちょっち trackback:0