HOME

  ちょっちとの別れ

2011/08/20/

8月20日お昼前のこと。
来客があるのでその前にケージも洗っておきたい。
でも部屋の掃除はすでに終了。
何を思ったか、ベランダでケージの掃除を開始。
ケージの出入り口が閉まっているのを確認して、
キッチンからベランダを見ながら洗い物。
そしたら、ちょっちがバタバタと飛び上がって
そのままベランダの外へ飛んで行ってしまったのです。
ケージを見るとえさ入れの出入り口が少しあいていた。
あわてて探しに行きましたが、来客の時間も迫っており中断。
お客様が帰ったあと、もう一度外に探しに行きましたが、
もういません。
警察に届け、ネットの掲示板に書き込んだあと、
さらに探し続けました。
もちろん翌日も・・・。
週明けも仕事帰りに30分から1時間かけて探し、
ペットショップに問い合わせもしました。
さらにチラシを500枚作りマンションなどのポストに
いれることも・・・。

1週間くらい探し続けましたが、
目を向ける場所は電線や木の上、道路。
注意が車などに向いていないことに気がつき、
このままでは、いずれ事故にあってしまう・・・。
そう思った時、あと1週間探してだめならあきらめよう。
そう決心しました。
実際は、つい鳥の鳴き声に反応し、木の上を見たり、
一日に何度もネットの書き込みを見にいったりしていました。
決心はしたものの軽症のペットロス状態です。
しかもその原因は自分にあるのです。
なんとかいいおうちで保護してもらいかわいがってもらっている。
そう思うことにしましたが、
ちょっちの歌声のないさみしさが身に染み、
どうしてあんな行動をとってしまったのかと・・・。
以前保護していただいた方にも申し訳なく思います。

cyocchi_1.jpg
カメラが大嫌いなのでこんなぼけぼけ写真しかありません^^;

今でもちょっちのことを思い出すと、胸がきゅっとなります。
そして、心の中でこっそり思うのです。
「ちょっちを保護してくださった方、感謝してもしきれません。
ありがとうございます。でも私の元に戻ってきてほしいと願ってます」
自己中心もいいところですよね。だけど本心なんです。

---この日の日記は思い出しながら書いて、過去の日付に投稿しています---

スポンサーサイト

続きを読む

 

いつも
ありがとう
ございます♪

web拍手 by FC2
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
FC2ランキング

 

 

comment:0 ちょっち trackback:0