fc2ブログ
HOME

  文鳥の物語「ぼくの小鳥ちゃん」

2013/07/24/

ぼくの小鳥ちゃん
偶然見つけた本です。
平成9年に出版されたものですが、
鳥ブログさんには、あまり採り上げられてないような印象を
受けたので、ちょこっとご紹介♪

ぼくの小鳥ちゃん_1

小鳥ちゃんとは、突然迷い込んできた
白文鳥の女の子の名前。
家主の男性と普通に会話するんですよ!
(あ~、これって夢ですよね)
で、性格は小生意気だけど、甘え上手。
人の気持ちもちゃんと読み取れます。
ごく普通の生活に小鳥ちゃんが加わった物語

漢字も少ないし、ページ数も少なくて、
小学生でも読めるかなっていう感じです。
それに、3ページごとに入っている
イラストがかわいい♪

ぼくの小鳥ちゃん_2


何かの結末があるわけでもないし、
教訓的な話でもないです。
気楽に読んで、読み手がそれぞれ、ふと何かを感じる・・・、
そんな風な物語になってると思う。


ぼくの小鳥ちゃん」 新潮文庫
著者:江國香織、イラスト荒井良二

裏表紙の紹介文:
雪の朝、ぼくの部屋に、小さな小鳥ちゃんが舞い込んだ。
体長10cm、まっしろで、くちばしときゃしゃな脚が濃いピンク色。
「あたしはそのへんのひよわな小鳥とはちがうんだから」ときっぱりいい、
一番いい食べ物は、ラム酒のかかったアイスクリーム、とゆずらないしっかり者。
でもぼくの彼女をちょっと意識しているみたい。
小鳥ちゃんとぼくと彼女と。少し切なくて、幸福な、冬の日々の物語



スポンサーサイト



いつも
ありがとう
ございます♪

web拍手 by FC2
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
FC2ランキング

 

 

comment:12 鳥さんの本と歌 trackback:0  



タイトル前 エクリュ URL 2013/07/28/  編集

ぽちさん:
こちらこそ、ご訪問、コメありがとうございます^^

おぉ、購入されたんですね!
そそ! ちょっと気が強いところなんかが
文鳥っていう感じですよね^^
ネタバレになっちゃうので言えないけど、
ある、ある的な部分が結構あって♪
共感できて、うれしいです!



タイトル前 ぽち URL 2013/07/28/  編集

:
いつもコメントありがとうございます!ぽちです(^^)
エクリュさんが紹介していた『ぼくの小鳥ちゃん』、早速読んでみました♪
劇的な展開とかがあるわけでもなく、ゆったりした物語ですが、とっても素敵なお話でした!
とくにこの小鳥ちゃん、ちょっと気が強いところとかオテンバさんなところが本当に文鳥!って感じがします。
読みながら想像して、ニヤニヤしちゃいました笑

素敵な本のご紹介、ありがとうございます!



タイトル前 エクリュ URL 2013/07/25/  編集

マサキチさん:
こんばんは~^^

馳星周も好きですよ。10冊程度は持ってるはず。
私はノワールのお隣ジャンルのハードボイルドが好きです。
が、最近はちょっとゆるい感じの本も呼んでいます。

ラム酒漬けのアイス、ありえませんよねw
そのほかにもツッコミどころはあるのですが、
(例えば、「餌はまき餌」。釣りとちゃうちゅうねん!突っ込みましたですw)
文鳥と話をしたい願望があるためか、
惹きつけられる物語です。



タイトル前 エクリュ URL 2013/07/25/  編集

ふ~みんままさん:
おぉ、さすがひよこさん!
すでに読まれてましたか。

そっかぁ、スズちゃんをお迎えする前だったんですね。
この本で、白文鳥のイメージがアップしていたのかもですね。

どこが好きって言われても困るかも、の本ですね。
でも、固有名詞が使われていないので、
すっと心に入ってくるのかも^^



タイトル前 エクリュ URL 2013/07/25/  編集

kiro's mamaさん:
東野圭吾いいですよね!
ただ、ドラマ化されまくりなので10冊程度読んだあとは、
買ってないかなぁ^^:

そーなんよ!
私はハードボイルドが好きなんだけど、
この頃は意識して、ちょっとゆるいものを読むようにしてます。

で、注文しちゃいましたか(笑
気に入ってもらえるといいなぁ



タイトル前 エクリュ URL 2013/07/25/  編集

Happyさん:
そうです^^
小鳥ちゃんは、結構言いたいことを言ってるのですが、
なぜか、ほのぼのした感じになる物語です。
って・・・、注文しちゃったんですね(笑
やはり文鳥関係には手が出ちゃいますよね^^

「だからやめられない文鳥生活」知らなかったです。
か、買っちゃおうかな^^;
やはり・・・、手が出ちゃうなぁ(笑



タイトル前 マサキチ URL 2013/07/25/  編集

:
こんにちは♪
その本の存在は知っていたのですが、私は馳星周のノワール作品が大好きで、好きなジャンルとは違うなと思ったので、まだ読んだことがありませんでした。
でも、白文鳥さんが登場するなんて嬉しいので、読んでみようかな(o^^o)
ラム酒掛けアイスクリーム、ほんものの文鳥さんには毒になってしまいますが、小鳥ちゃんのきっとファンタジックな世界にはピッタリはまりそうですね(#^.^#)



タイトル前 Happy URL 2013/07/25/  編集

:
何だか読んでみたくなって、今、Amazonで注文しました!



タイトル前 ふ~みんまま URL 2013/07/25/  編集

:
ムスメが高校生の時読んだらしいです♥
あの頃はまさか白文鳥のスズ達をお迎えするとは思いもよらなかったころ・・・
なんか運命を感じてしまいました!!
ムスメの記憶では白文鳥の女の子はタカビーだったそうで、エクリュさんのおっしゃるとおり
何の教訓もないけど好きな本だったらしいです~♥



タイトル前 kiro's mama URL 2013/07/25/  編集

:
気になるので早速注文しちゃいました(^_^;)



タイトル前 kiro's mama URL 2013/07/25/  編集

:
読書といえば、東野圭吾(この方がほとんど)、横山秀雄、井坂幸太郎etcサスペンスものと合間に<和菓子屋のアン>などのほのぼの系。

小鳥ちゃんの本なかなかあったかそうでいいなあ~
たまにはこういうのを読まねば・・・殺伐とするなぁ・・・



タイトル前 Happy URL 2013/07/24/  編集

:
「ぼくの小鳥ちゃん」、初めて聞きました。
何だかほのぼのとする内容のようですね。
さっきAmazonで調べたら売っていました!
買ってみようかな?

でも最近「だからやめられない文鳥生活」伊藤美代子著を買ったばかりだしなぁ・・・。

あぁ、でも読んでみたい!














エクリュだけに伝える